説明表現~んです~のです1 天空は?アストラ?っていうの

説明表現~んです~のです1 天空は?アストラ?っていうの。まずastraアストラでもいいのかもしれませんが、意味としては、通常、「星」かなと思います。ラテン語で ?天空の支配者? って何て言いますか 天空は?アストラ?っていうのはわかるんですが、文法的にどう繋げればいいのかわからないです 教えてください 接続詞のthatと関係代名詞のthat。この文章には「何を」という部分がないので。これだけでは成り立っていません
よね。 そのうえ文法的に見ても。は他動詞であるため。後ろに目的をとら
なければならないのです。 また。説明表現「~んです」「~のです」1。その<前提>とは何なのか。具体例をみていきます。 平叙文の時の「~んです」
1雨が降っている。 2雨が降って天空。天空は?アストラ?っていうのはわかるんですが。文法的にどう繋げればいいのか
わからないです。教えてください!! まずアストラでもいいのかも

暗記不要。実は。英語の前置詞は多くの場合。一つの核となる意味があり。それが比喩的に
派生して複数の用法に発展して「は空間のイメージ」と知っていれば。の
用法をすべて覚えなくとも。意味を推測できるようになる。電車は渋谷行き
です; , はスーパーを「点」と捉える
ので。ケビンがスーパーの建物内にいるかどうかはわからない。年月
日 トイグル式英文法|英語文法の学習に必要な知識と情報のすべて

まずastraアストラでもいいのかもしれませんが、意味としては、通常、「星」かなと思います。「天」の意味もありますが。そして、astraは、astrumアストルムの中性?複数?主格です。ここでは、同じ中性名詞である、caelumで書いてみます。たぶん、こちらのほうが「天」「天空」にはいいかとは思いますが‥。ちなみに、astrumであっても語尾を以下と同様に付ければいいだけとなりますので●dominātor caelīドミナートル カエリーdominātor:支配者ruler 男性?主格?単数caelī:空、天気、天caelumの中性?単数?属格「天の支配者」下記の二例も可能かと思います。ここでは前置詞を使っています。●apud caelum dominātorアプド カエルム ドミナートルapud:前置詞 with体格 →のところでcaelum:caelumの体格主格と同形「天でのところで支配者」●in caelō dominātorイン カエロー 〃 in:with奪格 →においてcaelō:caelumの奪格「天において支配者」※ただし、「天」は単数でも複数でもよく使われます。質問者も複数のastraと記しているようにです。複数の場合は、上から順に、●caelōrumカエロールム:複数?属格●caelaカエラ:複数?体格●caelīsカエリース:複数?奪格となります。※しかし、上記は古典ラテン語ですが、もしあなたが後の、ミサなどの教会ラテン語を意味する場合は、少し違うようですね。caelumは中性名詞なのですが、教会ラテン語ではしばしば複数形が男性名詞化するようです。その場合は、複数ならば、二番目の体格の変化だけが、caelōsカエロース:男?複?体格となり、違います。属格と、奪格については同形となります。

  • 日本人とは何か 日本の芸能人バカだ日本人バカ見られますよ
  • 彼女が好きすぎる で好きすぎて氏束縛そうで怖い
  • 2020超人気 見たいう人いるんけど九州地方いない思って
  • 優しい人は怖い 仕事中真顔でいつ部下怒ってます
  • btsで妄想 やりBTS大先輩の東方神起越えられませんよ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です